内村スタイル

内村スタイルの特徴

クラック(ひび割れ)を防止する性能

内村工業株式会社の持つ、先進技術を採用した商品を製造・販売しています。セメントモルタルの宿命である「クラック(ひび割れ)」を防止することが可能な材料の製造・販売をしております。クラック(ひび割れ)は通常0.1~0.2mm程の幅で新築でも約1年後には多くの建物(家)に発生してしまうものですが、内村工業株式会社がご提供するモルタルはそれ以上の伸び及び曲げが可能な性能を有していますので、クラック(ひび割れ)を防止することが可能な工法です。
内村工業株式会社は左官という伝統的な技術を現代建築に使用(採用)出来るような可能性を生み出したいと考えております。2階建・3階建住宅の在来工法および2×4(ツーバイフォー)工法等による湿式(モルタル施工)内、外壁工法等に幅広く対応いたします。住宅の価値感や可能性を更に広げ、未来を考える。それが内村工業株式会社の内村スタイルです。

内村スタイルの特徴

過去実績

過去実績

内村工業株式会社では、クラック(ひび割れ)に対応する伸びや曲げが可能なモルタルでクラック(ひび割れ)を防止する材料を開発、製造、施工をし、平成20年からの6年間で約300棟の新築工事の施工を行い、1件もクラック(ひび割れ)を発生させていない実績があります。ご依頼をいただく際には安心してお任せください。

内村スタイルの工法

収縮を抑えるモルタル

低収縮軽量モルタル施工(チェックメイトモルタル)

施工方法

高浸透性合成高分子プライマー施工(チェックメイトプライマー)

■混練り
チェックメイトモルタル1袋(25kg)に水約8ℓを加え、・モルタルミキサー・ハンドミキサーにて、よく混練りしてください。

■塗り付け
ラスによく絡むように下擦りし、しまり具合を見て所定の厚みまで塗り付け、頃合いを見てムラ直しを行い、平滑に仕上げてください。

■養生
仕上材の施工までの養生期間は7日(冬期12日)以上としてください。又、通風や日射による早期乾燥を防止するため、必要に応じてシート養生、散水養生を行ってください。

※施工上の注意
・寒冷期、気温が2℃以下および2℃以下になると予想される場合は、原則として施工は行わないでください。
・他の材料は一切混ぜないでください。
・混練り後、40分以内に使用してください。
・伸縮目地は必ず設けてください。
・メタルラスは波形ラス1号(JISA5505)をご使用ください。
・力骨(2.6φ)にてラスを固定してください。

仕上げ材の吸水調整材

高浸透性合成高分子プライマー施工(チェックメイトプライマー)

施工方法

軽量モルタル(チェックメイトモルタル)を施工後7日(冬期12日)以上養生し、チェックメイトカチオンプライマーの3倍液を刷毛等にてすり込むようにムラなく塗布してください。

高浸透性合成高分子プライマー施工(チェックメイトプライマー)

※施工上の注意
・寒冷期、気温が2℃以下および2℃以下になると予想される場合は、原則として施工は行わないでください。
・他の材料は一切混ぜないでください。
・混練り後、40分以内に使用してください。
・伸縮目地は必ず設けてください。
・メタルラスは波形ラス1号(JISA5505)をご使用ください。
・力骨(2.6φ)にてラスを固定してください。

クラックに耐久。防水性を備えた左官用弾力性モルタル

撥水性弾力性モルタル施工(チェックメイトモルトップ)

施工方法

混練り・塗り付け

■混練り
撹拌用容器に計量済みの混和液を先に入れ、次に混和液の比率に見合う量の粉体を徐々に投入しながら高速撹拌機(ハンドミキサー等)で均一な状態になるように約3分間、混練りしてください。

■塗り付け
チェックメイトプライマー塗布後、約1~2時間乾燥させた下地(チェックメイトモルタル)の上にローラー又は鏝にて、所定の厚みまで塗り付け、頃合いを見てムラ直しを行い平滑に仕上げてください。
又、事前に構造クラック等の発生が予測される箇所については2~3回重ね塗りしてください。

■養生
仕上材の施工までの養生期間は7日(冬期12日)以上としてください。又、通風や日射による早期乾燥を防止するため、必要に応じてシート養生等を行ってください。

※施工上の注意
・気温が2℃以下および35℃以上、湿度が85%以上の場合および予想される場合は、原則として施工は行わないでください。
・他の材料は一切混ぜないでください。
・混練り後、40分以内に使用してください。
・チェックメイトモルトップは非常に強く付着しますので、サッシ・水切り等は養生フィルム等で完全に保護してください。

性能(曲げ・伸び)

  • 曲げ状態1
  • 曲げ状態2
  •  伸び状態1
  • 伸び状態2

ホルムアルデヒド放散等級登録

建築基準法により、ホルムアルデヒド発散建材等の居室に関わる部材に対して厳しい制限が設けられております。最近注目されているシックハウス症候群の原因物質の一つにホルムアルデヒドがあります。ホルムアルデヒドとは家具や建築資材、壁紙を貼る為の接着剤などに含まれている化学物質の一つです。内村工業ではホルムアルデヒドの放散等級の登録を行っています。

  • ホルムアルデヒド放散等級登録書1
  • ホルムアルデヒド放散等級登録書2
  • ホルムアルデヒド放散等級登録書3
  • ホルムアルデヒド放散等級登録書4

カタログダウンロード

お問い合わせはこちら